1. HOME
  2. LIFESTYLE
  3. 心地よい体調に導く「薬膳レシピ」4選|食べて「気・血・水」を満たして流そう
LIFESTYLE

心地よい体調に導く「薬膳レシピ」4選|食べて「気・血・水」を満たして流そう

LIFESTYLE

6回に渡って特集する「Food Retreat」企画。4回目の今回は薬膳のレシピを紹介します。

YAKUZEN
心身のポテンシャルを高めるための食材選び

Therapy Recipe
気・血・水を満たして流す


組み立ての基本は「補(不足を補う)、瀉(不要物を捨てる)、調(調和させる)」。気・血・水それぞれに、足りない分を“満たす”食材と、滞らせず“流す”食材を組み合わせ、心身を心地よい状態に導くレシピをご紹介。

Recipe_01
“気”


心と身体をシャキッとさせ、パワーをチャージしたいときに食べてほしいレシピ。気を満たす山芋をつかった生地は、米粉ベースでもちもち&しっとり、グルテンフリーなのもうれしい。そこに香りのいい柑橘類やハーブをトッピングし、気の流れを活性化させよう。消化力を高めたり、睡眠をしっかりとることも気の力を高めるのに重要。


< therapy point >
山芋・・・気を補い滋養強壮
卵・・・生命力を補う
オレンジ・・・消化力向上、皮は気の巡りを良くする
ローズマリー・・・気の巡りを良くする、神経調和

山芋パンケーキ


材料(4人分)
山芋 60g
ヨーグルト(無糖)50g
卵 1個
砂糖 30g
豆乳又は牛乳 100cc
ココナッツオイル 小さじ2
米粉 60g
アーモンドパウダー 40g
ベーキングパウダー 小さじ1
塩 少々
〈トッピング〉
生クリーム 100cc
砂糖 小さじ1

作り方
1.山芋の皮をむきすっておく。ボウルに卵、砂糖、豆乳(又は牛乳)、液体状になったココナッツオイルを入れて混ぜる(★)。
2.★のボウルに山芋とヨーグルトを入れ混ぜる。
3.別のボウルに米粉、振るったアーモンドパウダー、ベーキングパウダー、塩を入れて混ぜ合わせる(※)。
4.★のボウルに※の粉類を入れて混ぜ合わせ生地の完成。
5.フライパンに必要であればオイルをひき、弱火で生地を焼く。ふつふつと穴が出来てきたらひっくり返し両面焼く。
6.トッピング用の生クリームを泡立てる。冷やした生クリームと砂糖をボウルに入れて好みの固さに泡立てる。
7.お皿にパンケーキを乗せ、生クリームとオレンジとローズマリーのコンポートを添える。

オレンジとローズマリーのコンポート


材料(作りやすい分量)
オレンジ 2個
粗塩 適量
砂糖 80g
クローブ 4個
ラム酒 小さじ2
水 150cc
ローズマリー 2~3枝

作り方
1.オレンジに粗塩を刷り込み良く洗う。鍋にお湯を沸かし2~3分茹でてワックスなどを取る。洗い流し粗熱を取ったらオレンジを5mm程度の厚さにスライスする。
2.鍋に砂糖、クローブ、ラム酒、水を入れ、オレンジスライスを敷き詰めるように並べる。最後にローズマリーを入れて中火にかける。
3.ふつふつしてきたら弱火にして15~20分煮る。オレンジの皮の白い部分が透き通るようになったら火を止める。
4.粗熱を取り密閉容器などに入れて冷蔵庫で保存。できれば1日置いて馴染ませる。

–{Recipe_02 “血”}–
Recipe_02
“血”


貧血や精神的な不安定さが気になるなら、血を満たすにんじんをたっぷり使ったスープを。にんじんの甘味にトマトに酸味が合わさって、優しくすっきりとした味わい。血を流す力をもつ甘酒やパセリは、絶妙な風味づけや食感の変化にも一役買ってくれる。血をバランスよく巡らせていくために、夜更かしや食生活の乱れにも気をつけよう。


< therapy point >
にんじん・・・血を増やす、疲れ目・かすみ目改善、消化力向上
甘酒・・・ 血の巡りを良くする、元気を補う
パセリ・・・ 血の流れを活性化せる

にんじんとトマトの甘酒ポタージュ


材料(4人分)
にんじん 260g
トマト 180g
玉ねぎ 80g
水 400cc
コンソメ 小さじ2
甘酒 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
塩 必要であれば
〈トッピング〉
EXVオリーブオイル、
パセリみじん切り(好みのハーブ類でも可)

作り方
1.にんじんは皮をむき薄めのいちょう切り、トマトはヘタを取りざく切り、玉ねぎは皮をむいて薄くスライスする。
2.鍋にオリーブオイルをひき、中弱火で玉ねぎを炒める。しんなりしてきたら人参を入れて更に炒め、火が回ってきたらトマトを入れて炒める。
3.水、コンソメを加え蓋をして弱火で煮る。
4.野菜が柔らかくなったら粗熱を取りミキサーで滑らかになるまで攪拌する。
5.鍋に戻し入れ、甘酒を加え温める。必要であれば塩を少々入れて調味する。
6.器にスープをよそい、トッピングのEXVオリーブオイルとハーブを添える。

–{Recipe_03 “水”}–
Recipe_03
“水”


身体の乾きやむくみを取り除きたい人におすすめの、野菜たっぷりの一皿。メインの食材は、満たすと流す両方の力を兼ね備える、水の悩みに最適なグリーンアスパラガス。さらに体の水はけをよくするコリアンダーや、チーズの香りが食欲をそそる。水の不調にはストレスや過労も関係しているので、疲れをためこまないように心がけて。


< therapy point >
アスパラガス・・・体に必要な潤いを補う、不要な水分を尿として排出
コリアンダー・・・体内の余計な熱を冷ます、不要な水分を尿として排出、未消化物解消
チーズ・・・ 体の水分を補う

グリーンアスパラガスとパクチーのコリアンダー炒め


材料(4人分)
グリーンアスパラガス 4~5本
パクチー 2~3束
にんにく 1かけ
鷹の爪 1本
コリアンダーパウダー 少々
パルメザンチーズ 大さじ1/2~
塩 少々
EXVオリーブオイル 大さじ1

作り方
1.グリーンアスパラガスの固い軸を切り落とし、袴を取る。皮が固ければむいておく。パクチーは根をみじん切りにして、あとはざく切り。にんにくは芽を取りスライスし、鷹の爪は種を取り輪切りにする。
2.フライパンにEXVオリーブオイルとにんにく、鷹の爪を入れて弱火にかける。香りが出てきたらグリーンアスパラガスとパクチーの根のみじん切りを入れて、軽く塩とコリアンダーパウダーを振って炒める。
3.火が通ってきたらパルメザンチーズを入れ絡めるように炒める。
4.パクチーを入れてさっと絡めて完成。

教えてくれたのは

国際中医薬膳師/料理研究家

坂井美穂さん
パリコレなどショーを中心にモデルとして活動した後、国際中医薬膳師の資格を活かし「フレンチ薬膳」を提案。料理教室、商品開発、レシピ提供、講師など幅広く活動。著書に「“きれい”に効く インナークレンジンジング食事術」(A&F出版)など。
http://www.french-yakuzen.com