1. HOME
  2. SURF
  3. フランス・ビアリッツで開催された、女性による女性のためのサーフイベント「Queen Classic Surf Festival」
SURF

フランス・ビアリッツで開催された、女性による女性のためのサーフイベント「Queen Classic Surf Festival」

SURF

私たちは“Surf Girl”ではなく“Surfer ”

2021年の夏、驚くことにフランス・ビアリッツで新しいサーフイベントが誕生した。その名を『Queen Classic Surf Festival』といい、HONEYの誌面でも度々取り上げてきたマーゴ・アハモン・テュコ、妹のエメ、それにマーゴの幼馴染のアマヤの3人が主催者となって開催された。イベントの内容はロングボードコンテストをベースに、ランページでのスケート、アート展示、音楽ライブなどで、2日間で1万人が来場。ちなみにビアリッツの人口は約3万人だから(夏を除く)、この数字がどれだけ大きく大盛況だったか容易に想像できる。彼女たちがイベントを開催したのは今回が初。8月の終わりとはいえ、ビアリッツの夏は年々混雑度を増している。さらにコロナ禍も終わっておらず、日々状況は刻々と変わっている。無事に初回を成功させたものの、開催前はどんな思いだったのだろうか? また終わった後の感想は? 主催者を代表して、アマヤに話を聞くことができた。

会場のコート・デ・バスク。遠浅の海に沈んでいく夕陽は絶景。最高のロケーションを2日間独占した

右から_エリザ、ジュスティン、カミーユ。形式は試合だったが競うより楽しむことが第一

-『Queen Classic Surf Festival』を思いついたのはいつ、どんなきっかけですか?
最初にアイデアが出たのは2020年の夏。言い出したのは確か、マーゴだったかな? マーゴと私は同級生で、昔からよく一緒にいるんだけど、そのときも一緒にいたの。どちらの親もサーファーで、小さな時から家族ぐるみでサーフィンをしていた。小さかったけれど、当時のサーファーのスタイルはよく覚えている。’90年代くらいのこと。それから中学生のとき、コート・デ・バスクで『Roxy Jam』といイベントが開催されたの。その時にイベントで来ていた女性たちと一緒にサーフィンしたんだけど、彼女たちから受けた影響は今でも忘れないわ。そして高校卒業後にマーゴはプロになり、私はアートの勉強でボルドーの学校に行ったりと少し離れた時期もあったけれど、今はビアリッツに戻ってきた。つまり言いたいのは、私たちはを小さな頃からずっとサーフィンに接してきた。その昔、女性はビーチにいてサーフィンしているのは男性ばかりだった。少しずつ女性サーファーは増えてきて、今では波のコンディション次第では女性の方が多い日もある。女性サーファーはもう少数派じゃない! そんな状況だけれど、私たちは違和感を覚えたの。それはインスタグラムの写真について。よく投稿されたり人気のある写真は、ビキニ姿でスタイルがよく、金髪、少しセクシーな雰囲気を漂わせてと……。でも実際はそんな人ばかりじゃない。一方私たちもインスタをしているけれど、フォロワー数は少なくない。ならば、リアルな女性サーファーたちの姿を見せたい、発信したいと思った。私たちは“Surf Girl”ではなく“Surfer ”。それが『Queen Classic Surf Festival』が生まれたきっかけね。

右がメキシコのログフェスに招待された実績を持つアマヤ、左がヨーロッパを代表するロングボーダーのマーゴ

-思いついてから1年でよく開催まで辿りつきましたね!
そうね、コロナ禍で逆にアイデアを練る時間が生まれたのかも。去年の8月に思いついてから、少しずつ内容を決めていき、開催の許可を取るために市役所に行ったのが4月くらい。まだ緊急事態宣言下だったけどビアリッツ市長が女性ということもあり、すぐに趣旨を理解してくれた。担当者の方もすごく協力的だった。おそらく私たちローカルが主催者で、来場者もローカルを想定していたからだと思う。

-なるほど! 夏は従来からあるイベントですでに飽和状態なのに、このコロナ禍で新しいイベントが開催されるのは不思議でした。ツーリズムにこれ以上の負担をかけないのが評価されたのですね。確かにビアリッツの夏は人が増え過ぎてキャパオーバーと感じる時があります。しかしそういう視点が持てるのも、ローカルならではですね。
でもローカルオンリーではなく、開催前にパリから取材を受けたように、遠くから人が来てくれるのはウエルカムなの。話を戻すけど、許可が取れてから準備を進めていると、マーゴのスポンサーのVansが声をかけくれたの。「自分たちにも手伝わせてくれないか」と、向こうから! なんと嬉しかったことか。『Queen Classic Surf Festival』は入場無料のイベントだから、彼らからのサポートは本当に心強かった。ボランティアも80人くらい集まってくれたの。開催できたのは本当に色んな人の協力のおかげ。

スケートを楽しむ女性も増えてきた。ビアリッツのスケートシーンをリードするルーシーと協力してランプを設置