1. HOME
  2. SURF
  3. WSLワールドチャンピオンに7度輝いたステファニー・ギルモアにインタビュー
SURF

WSLワールドチャンピオンに7度輝いたステファニー・ギルモアにインタビュー

SURF

東京オリンピック・サーフィンのオーストラリア代表にも選ばれ、つい先日メキシコで開催されたワールドツアーで優勝したばかりのステファニー・ギルモア。試合でもフリーサーフィンでも変わらない彼女のエレガントなスタイルは世界中のサーファーの憧れの的。そんなステファニーにHONEYが独占インタビュー! サーフィンのこと、試合前のマインドセット、コロナ禍で得た気づき、プロサーファーとしての夢など、たくさんのことを話してくれた。


―これまで7度もWSL(ワールドサーフリーグ)CT(チャンピオンシップツアー)のワールドチャンピオンに輝いています。どうしたらそんなに強くなれるのですか?

何よりもまず、私はサーフィンが大好きだからだと思う。そんな自分にとって、父の影響はとても大きいわ。私は10歳からサーフィンをしているんだけれど、父がいかにサーフィンを愛しているかをずっと見てきている。もうすぐ70歳になるというのに、今でも私が知るかぎり誰よりもサーフィンをしているの。あとは、単純にずっとチャンピオンになりたいという気持ちがあったということもあるかもしれない。私は小さいころから常に活発にスポーツをしていた。やがて何かひとつのスポーツを極めたいと考えるようになったとき、10代の時点でサーフィンに強く触発されたの。サーフィンの世界で一番になれたら最高だなと思った。その気持ちが、実現したい夢としていつでも心の中に強くあったということが大きいのだと思うわ。

―サーフィン史上初のオリンピアンのひとりにも選ばれました。

実は子どものころ、「いつか何かの種目でオリンピックに出たい」と思っていたの。だけどサーフィンを真剣にやると決めたときに、それは叶わぬ夢なんだとあきらめた。でも今こうしてサーフィンという競技でオリンピックに出場できた。願えば叶うということなのか、偶然の巡り合わせなのかはわからないけれど、自分がスポーツ選手としてのキャリアを積んでいくなかでこうしてオリンピアンになる機会に恵まれたということは本当にありがたく、素晴らしいことだと感謝してる。

―最大限のパフォーマンスを発揮するアスリートとしての自分と、心のままに波にラインを描くアーティストとしての自分。どちらのサーフィンが好きですか?

そうしたふたつの側面を同時に自分の中に持てるという点がサーフィンの好きなところ。サーフィンはスポーツであると同時に、クリエイティブな自己表現パフォーマンスでもあるのよ。波の乗り方には、その人の普段のパーソナリティがそのまま現れる。私はただただフローに身を任せながら波と戯れて踊るようなフリーサーフィンも大好きだし、大会で「勝つんだ」とマインドセットして、相手を負かすという気概を持って競いながら波に乗ることも好きなの。役に入るスイッチを持つ役者の感覚とも似ているのかなと思っていて、私はそのスイッチを自在に入れたり切ったりできる。私は基本的におだやかでリラックスしているから、試合前には意識的に自分の中の戦いモードのスイッチを入れて、相手を尊重しつつも積極的に自信に満ちた自己主張をするようなアサーティブなマインドセットをオンにして大会に臨む感じよ。

―勝ちに行くときは、具体的にどのようにスイッチを入れるんでしょうか?

もちろん色々とあるんだけれど、まずは呼吸法やメディテーションを使いこなすことが重要。あとは自分が「こうしたい」という状態を視覚的にイメージしたり、自分に言い聞かせる短いマントラのようなものを用意して、それを繰り返し唱えたりするといったちょっとしたルーティンもあるわ。そうした自分なりの決めごとを行うことで「今ここ」に100%集中できる力を高めたり、これから起きる挑戦に胸を躍らせる気持ちを作ることができるの。逆に大会後、スイッチをオフにして素の自分に戻るのは簡単。終わった大会を振り返って、結果やパフォーマンスからの学びを整理するだけ。どうやったらミスを改善できて、この先さらに自分が進化をしていけるだろうかを考えるのよ。

ステファニーはWSLのCTに参戦しながらトッププロサーファーとして活躍。2021年、WSL CT オーストラリア・ニューキャッスル ©WSL

試合中でも楽しむことを忘れない。ステファニーは海を愛し、海に愛されている。2020年、WSL CTマウイ ©WSL

7回目のWSL CT ワールドチャンピオン獲得の瞬間。2018年、マウイ ©WSL