森田敦子先生が教えてくれた、セルフラブの大切さ。デリケートゾーンケアで日々、自分を労わろう

ー先日、東京・伊勢丹新宿で行われたポップアップストアでは、前回よりセルフプレジャーアイテムのラインナップが幅広く感じます。まだまだ、恥ずかしい気持ちが勝ってしまい、手に取れない女性も多いかと。一歩を踏み出す原動力として、セルフラブが必要な理由や、取り入れることでの変化を教えてください。

私たちには常備されたリラックススイッチがあるということ。これは、人間に備わった大切な仕組みであり、科学的に必要なものだと証明されているんです。

悲しい、辛い、モヤモヤ、イライラなど目には見えない不安的な感情はストレスとして脳から生み出されるものです。そんな感情があると、寝れないほど悩んでしまったり、日常でも落ち着いた気持ちにならなくなってしまうこともありますよね。

そんなとき、性科学に頼ってみて欲しいのです。心地いいと感じるのは、ストレスの放出にとても役立ちます。罪悪感や不浄というイメージを無くしてもらうためにも、愛らしい色合いやフォルムのものをセレクトしていますし、なにより楽に取り入れられることができるから、ぜひ気軽に手に取ってみて欲しいです。

多方面からの自分を労わるケア“セルフラブ”を教えてくれた森田さんが手掛けるトータルライフケアブランド、ワフィトが一周年を迎え、9月1日には新タイプの化粧水“レジェナ バランシングトナー”が発売されました。ブランド独自の5大植物成分、桑、菊、ゴツコラ、ヨモギ、スギナに加え、肌を引き締める東三河産のレモンの花、バラの独自成分を配合。

みずみずしく潤う、大人肌のための化粧水になっている。さらに、日本における植物療法の第一人者でもある森田さんか作り出したアイテムだからこそ、使い心地のよさだけでなく、ふわりと包み込んでくれるような優しい香りのよさも特徴のひとつ。

ワフィトでは、インティメイトケアアイテムも充実しているので、セルフラブのひとつとして、肌とデリケートゾーンのケアをトライしてみて。

他にも、まだまだ店頭ではセルフプレジャーアイテムを手に取るのに勇気が必要なかたは、森田さんが推奨する、女性の美、健やかなセンシュアリティケアをサポートする、フェムテックセレクトオンラインショップ、ウームラボへ。

ここでは、インティメイトケア専用ソープや保湿オイルなどはもちろん、サニタリーアイテム、プレジャーテックまで幅広くラインナップされているので、内側から湧き上がる美しさをサポートするために必要なアイテムが一通り手に入るというわけ。9月16日(木)には、ウームラボのメディアサイトもオープンするのでお楽しみに。

無理なく自分自身と向き合うことを、少しずつ、アイテムの力を借りて行ってみてはいかがでしょうか。


教えてくれたのは……
植物療法士 森田敦子さん
日本における植物療法の第一人者。自身も病をきっかけに、植物療法に出会い治療の効果を実感。後に、フランスで植物薬理学を学ぶ。その知識と経験を活かし、アンティーム オーガニックやワフィトなどの商品開発に携わるなど多岐に渡り活躍。

CONTACT
ワフィト 公式サイトInstagram
ウームラボ 公式サイトInstagram

SHARE