1. HOME
  2. FASHION
  3. きちんと、ゆるく。「サーフエレガンス」な着こなし8選
FASHION

きちんと、ゆるく。「サーフエレガンス」な着こなし8選

FASHION

ビーチへ行くときには楽でカジュアルな服を選びがちだけど、私たちが一番おしゃれしたいフィールドも、思い返せば海だった。たまには水着の上にジャケットやシャツを羽織ったり、スラックスパンツで海に行く日があってもいいんじゃない? ヨーロッパのスタイリッシュなサーファーたちをお手本に。


甘くなりすぎない、シックなトーンの花柄ワンピースが気分。ジャケットで引き締めて。スイムウエア¥18.500/イト スイム、ジャケット¥79.000/ロンハーマン、ピアス¥36.000/ASAMIFUJIKAWA(アサミフジカワ)

–{スイムウエアはミニマルなデザインを選ぶ}–

スポーティなスイムウエアは、ミニマルなデザインを選ぶと洗練度アップ。肌見せで艶っぽさもプラス。スイムウエア¥13.000/ロキシー(ボードライダース ジャパン)、パンツ¥18.000/オスカー(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、ピアス¥20.000/ASAMIFUJIKAWA(アサミフジカワ)


秋のビーチウエアにはヴィンテージライクなニットカーディガンをチョイス。レトロなハイウエストビキニと相性抜群。ビキニトップ¥11.000、ビキニボトム¥11.700/シーア、カーディガン¥46.000/シー ニューヨーク(ブランドニュース)


ときにはジャンプスーツでパリッと。ゴツめのアクセがスパイスに。ビキニセット¥28.000/ジョンリンクス、ジャンプスーツ¥87.000、バングル¥155.000ぺレック(タク&コー)、ネックレス¥150.000/ASAMIFUJIKAWA(アサミフジカワ)


ビスチェビキニはインナーとしても活躍。気張らなくていい、あくまでエフォートレスな着こなしを。ビキニトップ¥12.000/タアラ クロージング、ジャケット¥33.000/ハナ バイ RHC(RHCロンハーマン)、パンツ¥42.000/ジョンリンクス、ハット¥16.500/ラック オブ カラー(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)


ビキニトップ¥12.000/タアラ クロージング、ジャケット¥42.000、パンツ¥42.000/シー ニューヨーク(ブランドニュース)

–{上質なスイムスーツに白シャツを}–


上質なスイムスーツに白シャツを巻けば、自然体でエレガントな着こなしに。スイムスーツ¥28.000/ジョンリンクス、腰に巻いたシャツ¥18.000/オスカー(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、ピアス¥53.500/ぺレック(タク&コー)、ハット参考商品/charrita(チャリータ)


ハイデザインなセットアップスーツが主役。ビキニでポップなアクセントを。ビキニトップ¥12.000/タアラ クロージング、ベスト¥64.000、パンツ¥49.000/ともにぺレック(タク&コー)、ピアス¥14.000/ブリー レオン(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)