1. HOME
  2. SURF
  3. Girl’s Surfboard Talk -Noserider-|ノーズを目指すなら、どんなボードがベスト? 
SURF

Girl’s Surfboard Talk -Noserider-|ノーズを目指すなら、どんなボードがベスト? 

SURF

ボードを乗り比べて、その乗り味の違いや印象をトークするGirl’s Surfboard Talk。第2回目はロングボーダーなら誰もが憧れるノーズライドについて。すべてのロングボードがノーズライドに適しているかと言えばそうではなく、ノーズに行くには「ノーズライダー」をはじめとする、それに特化したボードが必要になる。ノーズライダーの中でも様々なボードがあるから、自分のレベルや目指すスタイルに合ったものをチョイスしたい。今回は4本のボードを乗り比べて、その特徴や乗り味を検証。さらにノーズライドのコツまでレクチャーします!


ノーズライドって何?

ボードの上をウォーキングして、先端に到達するのが ノーズライド。まるで海の上に浮かんでいるかのように見え、その時得られる浮遊感はやみつきに。どこか神聖なムードさえ感じる。

乗り比べた4本のボードを紹介

今回登場するはボードはハワイの老舗ブランド、ドナルド・タカヤマ。日本の女性ロングボードシーンを牽引し続けるプロサーファー、島尻祐子さんに乗り比べてもらった。

左から_Yuko Model、 Classic Noserider、Model-T 、Pig

Yuko Model>

動かしやすく、大きめの波に適したややパフォーマンス系
・コンペティション用に改良されたパフォーマンスよりのボード
・クイックにボードが動くピンテール
・ロッカー(反り)があり、大きな波や張った波に合う
・ノーズとテールの形状が同じ“ダブルエンダー”に近い

<Classic Noserider>

クラシックな乗り味が楽しめるオールラウンドボード
・よりクラシックな印象
・ややテールが絞れている=クイックに動かしやすい
・分厚いレールが波を弾くため、波のフラットな部分でも歩き出しやすい
・レールが徐々に入っていく感覚を楽しめる

<Model-T>

一番ノーズに行きやすい“ザ・ノーズライダー”
・テールもノーズも広く、安定感がある
・テールは四角く、ノーズは丸みを帯びている
・ノーズの裏に深いコンケーブが入っている。水を溜めライディングを安定させる
・薄めのレールで、自分でセットしてレールを入れやすい

<Pig>

最近人気のオールドスクール。滑走感が楽しめる
・オールドスクールなクラシックボード
・コンケーブがないためテイクオフが早く、スピード感を感じられる
・ノーズは細めでコントロール性が高い
・波の張った場所でノーズに行かなければならず、やや上級者向け