1. HOME
  2. SUSTAINABLE
  3. 【連載】地球の今、海の今を知る|Vol.34 いつまでも残したい「世界遺産」の裏側に
SUSTAINABLE

【連載】地球の今、海の今を知る|Vol.34 いつまでも残したい「世界遺産」の裏側に

SUSTAINABLE

旅先として脚光を浴び、壊された自然……それは未来に残したい「世界遺産」となったところでも、守られるべき自然や文化遺産が失われてしまった場所はたくさんあります。なかには遺産価値が損なわれるほどダメージが深刻になり、「危機遺産」となってしまったケースも。原因は、観光開発や経済優先による環境と生態系の破壊、気候変動や密猟が招いた生態系の危機、紛争による破壊など場所によってさまざまですが、観光発展の例では、エクアドルにあるガラパゴス諸島などが有名です。ガラパゴスは1978年に初めて「世界遺産」第1号となったあと、観光ビジネスが盛んになり、手つかずの海に眠る資源などを目当てにした乱開発も進みました。絶海の孤島として独自の進化を遂げた、類いまれな生態系がガラパゴスの魅力ですが、外界との接触に脆弱なため、外来種の侵入によって稀少な在来種が減少し、来島者が増えるほどゴミ問題や海洋汚染が広がり、2007年に危機遺産となってしまいました。カリブ海のベリーズ珊瑚礁保護区も、世界遺産登録後の観光開発、マングローブ林の破壊などが原因で危機遺産に。その後、どちらも懸命な環境保全に務めたことで危機遺産からは外れましたが、現在も50件以上の世界遺産が「危機遺産」としてリストアップされています。

Belize
Garapagos