1. HOME
  2. SUSTAINABLE
  3. 【連載】地球の今、海の今を知る|Vol.31 環境問題も源はすべて繋がっている
SUSTAINABLE

【連載】地球の今、海の今を知る|Vol.31 環境問題も源はすべて繋がっている

SUSTAINABLE

近年記憶に新しいオーストラリアやブラジル、米カリフォルニアの山火事だけでも胸が痛んだばかりですが、今年はまた、ギリシャをはじめ欧州各地、北米などで広がっている記録的な熱波と山火事の大惨事。豪雨や大洪水の被害もあちこちで、そして日本では今夏も観測史上最大の大雨が記録されましたが、近年は無農薬で栽培される作物も、気候変動の影響で生産が難しくなっているという声もよく耳にします。理由の一つは、気象の変化によってこれまで以上に虫たちが大量発生したり、以前はほとんど見かけなかった虫に食べられることも増えたり。虫さんが悪い訳では決してありませんが、農薬を使わない作物はこうした影響を大きく受けて、もちろん記録的な大雨や高温によって畑の生態も例年と大きく異なり、生産者さんの混乱や苦悩も増えているそうです。

今月、気候変動に関する科学的知見として最も信頼されている、IPCC第6次評価報告書の第一弾が公表されました。そこでは、地球温暖化の原因が人間活動であることは「疑う余地がない」と断定され、厳しい現状報告と未来予測が並びました。さらに、たとえ気温上昇を+1.5℃未満に抑えたとしても、「極端現象」が観測史上類を見ない規模で起きる危険性があるという結論も。すでに、サンゴ礁は+1.5℃で70~90%が消滅すると予測されていますが、HONEY Vol.32「NO Earth, NO Us」でも掘り下げたように、地球はずいぶん前から緊急事態にあること、その前に「気候正義」を考えただけでも、先進国が今のスタイルを続けて行けない理由は十分すぎるほどにあります。