1. HOME
  2. SUSTAINABLE
  3. 【連載】地球の今、海の今を知る|Vol.32 それって誰にとってのサステイナブル?
SUSTAINABLE

【連載】地球の今、海の今を知る|Vol.32 それって誰にとってのサステイナブル?

SUSTAINABLE

前回のVol.31で、さまざまな環境問題の源にある「人間優先主義」について考えてみました。けれど、それは問題を生む背景だけでなく、サステイナブル、エシカル、オーガニックといったモノやコトが増えているSDGsブームにあっても、どこかで「人間優先主義」を拭えないまま、ふと「これって、誰のためのサステイナブルなんだろう?」と感じる場面も、正直たくさんあります。
一例を挙げると、これからのビジネスはサステイナブルが儲かるといった風潮をはじめ、自然エネルギーを増やしながらさらなる森や海を壊し、容器などに大量のプラスチックを使いながら、レジ袋やストローの提供をやめただけで「環境に配慮しています」と誇大にアピール。素材を少し自然由来に変えただけで消費スタイルは従来のまま、たとえ認証マークを取得していても別の環境負荷が大きいものも。オーガニックな食材やオーガニックコスメであっても、まだまだ膨大なプラスチックの容器包装が当たり前……などなど、結局は「人間にとって都合がよい持続可能性」「人間だけがより良く発展するためのSDGs」「自分の、自社のイメージアップのためのサステイナブル」にすぎなくて、海が、生き物たちが背負う犠牲は何も変わっていない。Vol.13の「シャロー・エコロジー」でも触れましたが、サステイナブルやオーガニックといいつつ、「それって、本当に海のためを思ってますか? 地球のためになってるんですか?」と問いかけたくなることが多々あります。