フォトグラファーNachosが綴る、メキシコ・プエルトエスコンディードの記憶_#03

エピソード01〜03に続き、最終回となる今回。エメリア、レイラとのビーチでのフォトセッション、養蜂家アロンとの出会い……。熱中症にかかったことで、人の優しさを知った旅となった。


Episode.04

この目の前のスポットはメキシカンパイプと呼ばれるシカテラ。ビーチなのにビッグスウェルでもホールドし、WSL主催のビッグウェイブコンテストも開催される、世界的にも有名な場所。

今日は波が小さいね〜って話してたけど、私にはどう見ても小さくは見えない(笑)。

日本なら入らない人もたくさんいそうなサイズだけど……ローカルの子たちの波を見る目の厳しさといったら。

レイラに、いつオープンしているかわからないタコス屋さんに連れて行ってもらった。実は数日前に来た時はやっていなくて、今回リベンジ!

このシンプルなタコスが本当に美味しかった!

天気が怪しくなってきたけどビーチで撮影しようとなり、水着をクルマに積み込んでいつもとは違う場所へ。

無邪気に遊ぶエメリア(左)とレイラ(右)。2人ともメキシコの人気モデルで、どこを切り取ってもかわいく、見ているだけでこちらまで幸せになってくる。

最近のモデルの世界は、ジェンダレスやプラスサイズなど、多様性が広がってきていて、見た目が綺麗なだけでは難しくなっている。だから先のことを何か考えていかなきゃなって、エミリアが真剣な顔で話してた。

また、他の人をリスペクトすることを忘れず、毎日を自分らしく過ごし、時には何かを捨てることも大切と話していた。

ここで忘れちゃいけないのが、誰かの真似じゃなく、私は私、オリジナルってこと。“自分の毎日を自分らしく”ね!


Episode.05

レイラと合流する数日前からラ・プンタの町を1人で過ごしてみようと計画し、友達になった子とビーチに行ったり散歩して過ごしていた。

町全体がWi-Fiの状況が良くなかったが、このカフェだけは比較的安定していて、仕事をしている人も多かった。

レイラと合流する前日に、せっかくだからと近くのグランピング施設に泊まった。しかし熱中症に罹ってしまい、体調が悪化。脱水症状になり、ご飯も食べれなくなった。知らない土地で頼れる人もおらず、心細さと不安が募っていった。私はメキシコに何をしにきたんだ……とすっかり落ち込んでしまった。

数日間、飲み物とフルーツで過ごしたが、体調が悪いときのメキシカンというのは本当に辛かった。日本食って最高 笑! 病気と不自由さを経験したことで、健康と自由の有り難みを痛感した。

辛くて逃げ出したい時もあるけど、時には1人で、時には誰かに助けてもらいながら乗り越えていく。ひとり旅って人を強くする。

2日後、カレリアとアロンが営む養蜂場に撮影に行った。まだ体調が万全ではなかったので、涼しい時間帯を選んでの訪問。そこは、ジャングルの奥を抜けた川のほとりにあった。
蜂に追いかけられ、1人でプチパニックになったのもいい思い出。そして防護服の中の暑さにもびっくり! 夕方じゃなかったら、また熱中症になるところだった。

アロンがキャンドルを作るところを見せてくれると言ってくれたので自宅にお邪魔した。

「キャンドルを作ることは私のメディテーションのひとつでもあるの」

蜜蝋を丁寧に溶かし、何かおまじないをかけているかのような彼女。いくつかの型にゆっくりと蜜蝋を流し込んでいった。

「実はね、蜜蝋キャンドルを作る時は毎回同じルーティーンがあるの。さっき音楽をかけたでしょ? あれもそう。同じ音楽を聴きながら気持ちを落ち着かせて、良いエネルギーを作ってから作業に取り掛かるの。そうするとキャンドルにポジティブなエネルギーが宿り、火を灯すとグッドバイブスが広がるの」

「ここまで来てくれてありがとう。これはあなたに」

出来たばかりのキャンドルを受け取ると、優しい気持ちに包まれた。
こうやって人は、優しさを分けてもらいながら少しずつ前に進んでいくのだ。小さなきっかけや出会いから始まり、その輪がどんどん大きく繋がっていく。

いろんなことが重なって自分の不甲斐なさに悩んだりするときもあるけど、そんな感情も丸ごと受け入れていく。流れに身を任せた旅。シンプルだけど簡単じゃない。でもその中には様々な物語がギュッとつまっていた。

What’s your happy place?

私の旅はこれからも続いていく。

▲上に戻る


移住先は“海の上”。波を追い続け、辿り着いたヨット暮らし_Episode1

海、そしてサーフィンに魅了され、世界各国を巡ったのちにヨットを購入。現在は1年の半分を地中海の海の上で暮らしているKazumiさん。そんな彼女の海×旅のストーリーを3回にわたって紹介します。

自然を愛する、あの人に聞く。心地よい暮らしを叶えるためのヒント | Vol.28 アロマヨガメディテーション

28回目に取り上げるのは「アロマヨガメディテーション」。アロマセラピーとヨガ、瞑想の3つを組み合わせた「アロマヨガメディテーション」を手がける揖斐純子さんを紹介します。

世界を魅了する2人のロングボーダー|カリーナ・ロズンコ、ローラ・ミニョン(後編)

カリーナとローラとの最初の出会いは2017年まで遡る。ポルトガルの『グライディング・バーナクルズ』で2人が見せたパーティウェーブは今でも覚えている。それ以降もメキシコや南アフリカなどいろんな場所で遭遇してきたが、2人はいつも一緒だ。そんな2人をもっと知ってみたくなり、話を聞いた。

SHARE