1. HOME
  2. SUSTAINABLE
  3. 【連載】地球の今、海の今を知る|Vol.30 心の「足るを知る」ためのエッセンス
SUSTAINABLE

【連載】地球の今、海の今を知る|Vol.30 心の「足るを知る」ためのエッセンス

SUSTAINABLE

地球の限界に近づきつつある気候変動も、思いのほか速いスピードで悪化している……。8月9日、地球温暖化に関する最新の科学的知見を評価したIPCC第6次評価報告書が公表され、世界中に厳しい警鐘が届けられました。なかでも一番衝撃を受けたのは、世界の平均気温が産業革命前より+1.5℃を迎えてしまうタイムリミットが、ぐっと間近になったこと。前回2018年に公表されたIPCC報告書では「2030~2052年」と予測されていましたが、今回の最新評価では「2021~2040年」までに+1.5℃へ到達してしまうだろうと推定されました。世界がなぜ+1.5℃未満に抑えようとしているか、それを超えるとどうなるかは、HONEY Vol.32「NO Earth, NO Us」でお伝えした通りですが、もう「できることから少しずつ」と悠長にしている余裕も時間も残されていないんだなと、そして+1.5℃を超えるかどうかの前に、今までのように地球を壊し続けるスタイルを次世代に引き継ぐことはできないのも確かだなと。それなら少しでも早く地球と共存していける社会にするために、政府や企業はもちろん、私たちもどうシフトするか、もっと踏み込んで考え直すときだろうとも感じています。