1. HOME
  2. SUSTAINABLE
  3. 【連載】地球の今、海の今を知る|Vol.33 旅を愛するからこそ、大切にしたいこと
SUSTAINABLE

【連載】地球の今、海の今を知る|Vol.33 旅を愛するからこそ、大切にしたいこと

SUSTAINABLE

好きなときに好きな旅先へと出かけられていた日常が、2020年からは海外渡航もままならなくなり、私たち人間側の気持ちとしてはやるせなさも募る日々。ですが、自然の立場に立ってみれば、その印象は大きく変わってくるかもしれません。というのも、観光客がほとんど来なくなった地球上のあちこちで、美しい景観が少しずつ蘇ってきたとか、生き物たちが戻ってきてくれたとか、そんなうれしい報告もたくさん聞こえるようになりました。さらにはこれをきっかけに観光客の受け入れを「量より質」へとシフトするところも。
Vol.31Vol.32と考察してきた「人間優先主義」、それは日常だけでなく、観光によって直接的に自然環境や生態系に大きなダメージを与えていることも、悲しいけれど事実です。もちろん旅行自体が悪いわけではなく、過剰な開発や観光客のTOO MUCH、旅行者のマナーやSNSの弊害、「自分だけ満足すれば」という姿勢がエスカレートした背景など原因はさまざまですが、それもコロナ禍によって強制的に一旦リセットされたような、そんな気すらしています。
Vol.19でも触れましたが、観光によって環境が壊された場所はたくさんあり、代表的なのはイタリアやスペインといった地中海沿岸地方、ガラパゴス諸島やヒマラヤ、日本でも富士山や沖縄など。リゾート地でもモルディブやハワイ、タイやフィリピン、インドネシアなど挙げればキリがありません。とくに離島のような狭い面積に人が多く訪れれば、自然が壊され汚染も蓄積し、ゴミ問題なども深刻に。タイ・ピピ島の一例でみると、2000年に公開された映画『ザ・ビーチ』の舞台として有名になったマヤビーチは、1日200隻近いボートと、多いときで5,000人もの観光客が殺到する日も当たり前に。タイは過去にも、観光客の急増でダメージを受けた島をいくつも閉鎖し、国立公園の多くは半年間ずつ閉鎖されますが、ここは人気のため通年開放されていました。その結果、ゴミ投棄や水質汚染、日焼け止めなどの影響でマヤ湾を取り巻くサンゴ礁のほとんどが死滅、生態系も壊滅的となり、2018年から無期限に閉鎖されています。フィリピンのボラカイ島も、雑誌で紹介されたことから観光客が殺到し、環境の悪化から2018年に一時閉鎖されたリゾートの一つです。

Maya Bay in Phi Phi